ペ・ソンウ11アンダーで首位、賞金女王争いの3人が1打差の混戦

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゴルフ・大王製紙エリエールレディースオープン第2日(22日・愛媛エリエールGC松山=6580ヤード、パー72)――2位で出たペ・ソンウ(韓国)が通算11アンダーで首位。賞金ランキング1位の鈴木愛はスコアを七つ伸ばし、同2位の申ジエ(同)らとともに8アンダーの5位につけた。賞金ランク3位の渋野日向子は7アンダーで9位。予選落ちした藤本麻子、木戸愛らが、今大会終了時点で賞金ランク50位以内に与えられる来季の賞金シード権を逃した。

無断転載禁止
913251 0 ゴルフ 2019/11/22 19:44:00 2019/11/22 23:40:21 2019/11/22 23:40:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ