金谷拓実がプロ転向後初V…男子ゴルフ、プレーオフ制す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゴルフ・ダンロップフェニックス最終日(22日・宮崎フェニックスCC=7042ヤード、パー71)――金谷拓実(22)が通算13アンダーで並んだ石坂友宏とのプレーオフを4ホール目で制し、アマチュア時代を含めてツアー2勝目を飾った。プロとしては今年10月の転向後3戦目での初優勝で、優勝賞金2000万円を獲得した。1打差の3位に稲森佑貴と大槻智春が入り、5位が木下稜介とチャン・キム(米)。石川遼が9アンダーの8位。今平周吾は27位で連覇を逃した。

無断転載・複製を禁じます
1645470 0 ゴルフ 2020/11/22 18:13:00 2020/11/22 19:27:39 2020/11/22 19:27:39

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ