読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

原英莉花が首位守る、3位浮上の上田桃子「アグレッシブにいきたい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3位に浮上した上田桃子(28日)
3位に浮上した上田桃子(28日)

 女子ゴルフの年内最終戦、JLPGAツアー選手権リコー杯(読売新聞社後援)第3日は28日、宮崎・宮崎CC(6543ヤード、パー72)で行われ、スコアを一つ伸ばした原英莉花が通算10アンダーで首位を守った。1打差の2位に西村優菜。上田桃子がスコアを二つ伸ばして8アンダーの3位に浮上した。笹生優花が7アンダーの4位。渋野日向子はスコアを二つ落として5アンダーの6位、3戦連続優勝を狙う古江彩佳は4アンダーの10位に後退した。

        ◇

 若手中心の優勝争いに、34歳のベテラン上田桃子が割って入ってきた。前日までと打って変わって6メートルの風が吹く難コンディションで、「面白いなあと思った。いいゴルフをしている人はいい(スコアになる)し、差がつく。耐えていけば自然と順位は上がる」。その言葉通りに粘った。米ツアーメンバーとしての1勝を含めて国内15勝を挙げているが、メジャーでの勝利はまだない。「お尻をたたかれているような気持ち。アグレッシブにいきたい」と初のメジャー制覇を狙う。

        ◇

 渋野日向子「うーん、悔しいところはあるけど、よく耐えたんじゃないかな。(最終日は)悔いが残らないように。(今季は結果がなかなか出ず)この大会に出られたのが奇跡ようなもので、この位置(6位)にいるのも奇跡なので、楽しくプレーしたい」

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1660488 0 ゴルフ 2020/11/28 16:01:00 2020/11/28 17:21:07 2020/11/28 17:21:07 7番、ティーショットを放つ上田桃子。通算8アンダーで3位に浮上(カメラ・岩崎 龍一)報知写真部 2020年11月28日撮影=宮崎カントリークラブ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201128-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)