読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

松山、一時は6打差で独走…終盤苦しみ1打差で逃げ切り

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

マスターズで初優勝を飾り、観客の拍手に帽子を取って応える松山(ロイター)
マスターズで初優勝を飾り、観客の拍手に帽子を取って応える松山(ロイター)

 男子ゴルフのメジャー大会、マスターズ・トーナメントは11日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で最終ラウンドが行われた。2位と4打差の単独首位で出た松山英樹(29)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初のメジャー大会制覇を成し遂げた。一時は2位に6打差をつけて独走した松山だが、15番ではグリーン奥の池に第2打を入れてボギー、16番、18番でもボギーと終盤は苦しんだ。それでも踏みとどまり、2位のウィル・ザラトリス(米)とは1打差で逃げ切った。

マスターズで日本人初優勝を果たした松山(AP)
マスターズで日本人初優勝を果たした松山(AP)

 松山のこれまでの最高成績は、この大会が2015年の5位。メジャー大会では、17年全米オープンの2位だった。

 1番でいきなりボギーをたたいた松山だが、2番ですぐにバーディー。8番のパー5でも短いバーディーパットを決めた。9番は第2打をピンそばにつけ、楽々連続バーディーとした。10番は長いバーディーパットを惜しくも決められず、パーとした。

 11番パー4は、第2打でグリーンをわずかに外したが、パーセーブ。

 12番パー3は、第1打をバンカーに入れ、ボギーとした。

 13番パー5は、ティーショットを左に曲げて木に当てたが、フェアウェー方向に戻るなど運も味方に。第3打では絶妙なアプローチを見せるなどし、すぐにバーディーを奪いかえした。

 14番パー4は、第1打でフェアウェーをキープ。第2打でグリーンをとらえたがバーディーは逃してパー。

 15番パー5では、第2打をグリーン奥の池に入れて、ボギーとした。この時点で2位のザンダー・シャウフェレ(米)に2打差に迫られた。

 16番パー3では、シャウフェレが池に入れトリプルボギーで優勝争いから脱落。松山は第1打でグリーンをとらえたが3パットでボギーとした。

 17番パー4では、安定したプレーでパーをキープした。

 18番パー4は、第2打をバンカーに入れて、ボギーだった。

無断転載・複製を禁じます
1978438 0 ゴルフ 2021/04/12 05:56:00 2021/04/12 11:01:22 2021/04/12 11:01:22 Golf - The Masters - Augusta National Golf Club - Augusta, Georgia, U.S. - April 11, 2021 Japan's Hideki Matsuyama celebrates on the 18th green after winning The Masters REUTERS/Jonathan Ernst https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210412-OYT1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)