読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ニクラウスさん「全てのショットが美しかった」ウッズ選手「素晴らしい偉業」…松山選手をたたえる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゴルフの最高峰マスターズ・トーナメントを日本勢男子で初めて制覇した松山英樹選手(29)の快挙は国内外で大きな反響を呼んだ。

 英紙ガーディアン(電子版)は「歴史の重荷を感じさせなかった」と松山選手の落ち着いたプレーぶりを評価。米男子ゴルフのPGAツアーは公式ツイッターに「ヒデキにとって長い旅だった」とつぶやき、松山選手の幼少期の写真を載せて祝福した。

 マスターズで優勝5度のタイガー・ウッズ選手(米)はSNSで「君と日本にとって素晴らしい偉業」と称賛。歴代最多6勝のジャック・ニクラウスさん(米)も「全てのショットが美しかった」とたたえた。

 日本ゴルフ界のレジェンドも談話を発表。日本ゴルフツアー機構の青木功会長は「2011年のマスターズでは東日本大震災で被災した方々に勇気を、今回は新型コロナウイルス拡大の中で多くの方々に希望を与えてくれた」とコメントし、尾崎将司さんは「本人の挑戦力と勇気、それに必要な努力の結果だ。松山選手に続く世界で通用する男子プロの出現を切に願う」とゴルフ界への影響に期待した。

 2019年の全英女子オープンを制した渋野日向子選手は「歴史的瞬間を見ることができて、同じ日本人としてとてもうれしかった」と喜び、親交がある読売巨人軍の菅野智之投手は「初日からずっと見ていた。大変なプレッシャーだったと思いますが、それを乗り越える技術、精神力。全てのアスリートが勇気をもらったと思う」との談話を寄せた。

無断転載・複製を禁じます
1981115 0 ゴルフ 2021/04/13 02:38:00 2021/04/13 08:27:42 2021/04/13 08:27:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)