読売新聞オンライン

メニュー

全米女子OP、笹生優花が単独首位で決勝Rへ…渋野日向子は予選落ち

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

通算6アンダーの単独首位で決勝ラウンドに進んだ笹生=佐野司撮影
通算6アンダーの単独首位で決勝ラウンドに進んだ笹生=佐野司撮影

 【サンフランシスコ=佐野司】女子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米女子オープンは4日、サンフランシスコのオリンピック・クラブ(6457ヤード、パー71)で第2ラウンドが行われ、首位と2打差の6位で出た笹生優花が6バーディー、2ボギーの67で回り、通算6アンダーの単独首位で決勝ラウンドに進んだ。

 畑岡奈紗は1アンダーの9位、上原彩子は5オーバーの47位で予選突破。昨年大会4位の渋野日向子は7オーバーで予選落ちした。

無断転載・複製を禁じます
2103201 0 ゴルフ 2021/06/05 13:21:00 2021/06/05 14:33:36 2021/06/05 14:33:36 通算6アンダーの単独首位で決勝ラウンドに進んだ笹生=佐野司撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210605-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)