読売新聞オンライン

メニュー

松山英樹が陽性、大会2日目を棄権…「一刻も早く回復したい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

モーゲージ・クラシック第1ラウンドでプレーする松山英樹(1日、AP)
モーゲージ・クラシック第1ラウンドでプレーする松山英樹(1日、AP)

 【ニューヨーク=平山一有】米男子ゴルフのPGAツアーは2日、松山英樹選手(29)が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したため、米ミシガン州で行われているロケット・モーゲージ・クラシックを棄権したと発表した。

 東京五輪の日本代表に内定している松山選手は同クラシックの第1ラウンドを暫定56位で終え、2日の第2ラウンド前に陽性が判明した。ツアーを通じ、「とても残念。周囲の人の健康と安全を確保するため、必要な全ての予防措置を取る。一刻も早く回復し、競技に復帰することを楽しみにしている」とコメントした。

 松山選手は15日開幕の全英オープンにも出場予定。東京五輪の男子ゴルフは29日から始まる。

無断転載・複製を禁じます
2175697 0 ゴルフ 2021/07/03 03:45:00 2021/07/03 11:45:22 2021/07/03 11:45:22 Hideki Matsuyama of Japan drives off the third hole tee during the first round of the Rocket Mortgage Classic golf tournament, Thursday, July 1, 2021, at the Detroit Golf Club in Detroit. (AP Photo/Carlos Osorio) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210703-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)