渋野日向子「一番好きなのは上野由岐子さん」と公言…ソフト日本の戦いぶりに刺激

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゴルフ・大東建託いい部屋ネットレディース第1日(22日・北海道滝のCC=6578ヤード、パー72)――渡辺彩香が8バーディー、ノーボギーの8アンダーで首位に立った。1打差の2位は 全美貞ジョンミジョン (韓国)。宮里美香と藤田さいきが5アンダーで3位。鈴木愛、勝みなみら5人が4アンダーの5位で並んだ。渋野日向子は2アンダーで21位につけた。

「上野さんみたいな存在になりたい」

1番でティーショットを放つ渋野
1番でティーショットを放つ渋野

 小学生時代にソフトボールに打ち込んだ渋野は、以前から「一番好きなのは上野(由岐子)さん」と日本代表のエースへの憧れを公言してきた。今大会の前日から東京五輪のソフトボールが始まり、日本の戦いぶりや上野の投球に強い刺激を受けている。

 3月以来の国内ツアー出場となった前戦は、パットの距離感が合わずに予選落ち。この日も10番スタートの序盤は、「バーディーチャンスからオーバーする先週のパット」が頭をよぎったというが、13番で5メートルを沈めてから「リズムが良くなった」。

 5番で2打目をミスしてボギーをたたいても、6番で2メートルを入れてすぐに取り返す。渋野らしさが、だいぶ戻ってきた。3バーディー、1ボギー。「今日みたいな安定したゴルフができれば、予選カットのあたりで戦うことは少なくなる」と手応えを感じていた。

 「(ソフトボールの)昨日の勝利があって、今日は頑張れた。上野さんは(北京五輪の)金メダルから13年たっても日本のエース。競技は違うけど、私も上野さんみたいな存在になりたい」。自身の五輪出場はならなかったが、憧れの人に近づくために、立ち止まってはいられない。(小石川弘幸)

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2228198 0 ゴルフ 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 10:35:42 2021/07/23 10:35:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50139-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)