読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

松山英樹が米ツアーのZOZO初優勝、マスターズ以来7勝目…国内Vは5年ぶり

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゴルフ・ZOZOチャンピオンシップ最終日(24日・千葉習志野CC=7041ヤード、パー70)――単独首位で出た松山英樹(29)が2イーグル、3バーディー、2ボギーで通算15アンダーに伸ばし、4月のマスターズ・トーナメント以来となる米通算7勝目を挙げた。優勝賞金は179万1000ドル(約2億300万円)。日本での優勝は2016年11月の三井住友VISA太平洋マスターズ以来5年ぶりとなった。

マスターズ以来の米通算7勝目を挙げた松山
マスターズ以来の米通算7勝目を挙げた松山

 2位は10アンダーのキャメロン・トリンゲール(米)、ブレンダン・スティール(米)の2人。メジャー2勝のコリン・モリカワ(米)と金谷拓実が5アンダーの7位に入った。

 今平周吾と岩田寛は18位、アマチュアの中島啓太(日体大)は28位。東京五輪金メダリストのザンダー・シャウフェレ(米)は28位、リッキー・ファウラー(米)は44位だった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2466859 0 ゴルフ 2021/10/24 16:06:00 2021/10/25 05:51:28 2021/10/25 05:51:28 マスターズ以来の米通算7勝目を挙げた松山 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211024-OYT1I50037-T-e1635108684693.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)