読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ウッズ「生きていられることは幸運」…事故後初の公の場

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=平山一有】自動車事故で重傷を負った男子ゴルフのタイガー・ウッズ(米)が11月30日、自身の主催大会が開かれるバハマで記者会見に臨み、骨折した右脚の切断の可能性もあったと明かした上で、「生きていられることは幸運だ」と語った。ロイター通信などが伝えた。

2月の自動車事故後、初めて記者会見に臨んだウッズ(AP)
2月の自動車事故後、初めて記者会見に臨んだウッズ(AP)

 今年2月の事故後、ウッズが公の場に姿を見せるのは初めて。18ホールのプレーはこなせるが、腰や脚に痛みが残っているといい、「ツアーレベルのプレーができるのは、いつになるか分からない。まだ長い道のりがある」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2562880 0 ゴルフ 2021/12/01 18:19:00 2021/12/01 18:31:11 2021/12/01 18:31:11 Tiger Woods holds his first press conference since his Feb. 23 car crash in Los Angeles at the Hero World Challenge golf tournament in Nassau, Bahamas, Tuesday, Nov. 30, 2021. (AP Photo/Doug Ferguson) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50116-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)