松山が米ツアー8勝目、アジア人最多タイ…5打差追いつきプレーオフでイーグル

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 男子ゴルフのソニー・オープンは16日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で最終ラウンドが行われた。首位と2打差の2位でスタートした松山英樹は、通算23アンダーで並んだラッセル・ヘンリー(米)とのプレーオフを制して逆転優勝。昨年10月に日本で行われたZOZOチャンピオンシップに続く今季2勝目で、崔京周(韓国)に並ぶアジア人最多の米ツアー8勝目を挙げた。この大会で日本人が優勝したのは、1983年(当時ハワイアンオープン)の青木功以来、39年ぶり。

ソニー・オープンを制し、キャディーと喜ぶ松山英樹(16日、USAトゥデー)
ソニー・オープンを制し、キャディーと喜ぶ松山英樹(16日、USAトゥデー)

 この日、7バーディー、ノーボギーで63をマークした松山だが、首位スタートのヘンリー(米)に9番終了時点で5打差をつけられていた。しかし15番で、後半三つ目のバーディーを奪って1打差に迫ると、最終18番パー5もバーディーとして追いついた。

ソニー・オープンを制した松山英樹(16日、USAトゥデー)
ソニー・オープンを制した松山英樹(16日、USAトゥデー)

 さらに、18番で行われたプレーオフ1ホール目、ミスが続きボギーだったヘンリーに対し、松山は2打目をピンそばに乗せるスーパーショット。楽々イーグルとして、大逆転優勝を決めた。

 小平智は2日連続の65を出し、通算15アンダーで12位。39位で出たアマチュアの中島啓太(日体大)は67で回ったが通算10アンダーの41位だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2680155 0 ゴルフ 2022/01/17 12:33:00 2022/01/17 14:00:33 2022/01/17 14:00:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)