西郷真央、イーグルで混戦抜け出し今季5勝目…勝因は「最後まで自分信じてプレー」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

西郷真央
西郷真央

 ゴルフのブリヂストン・レディースオープンは22日、千葉県の袖ヶ浦CC袖ヶ浦で最終ラウンドが行われ、首位で出た西郷真央が1イーグル、2バーディー、1ボギーとスコアを三つ伸ばして通算13アンダーで優勝し、賞金1800万円を獲得した。プロ初勝利からの今季5勝目で、出場10試合での年間5勝は過去最速。2打差の2位は稲見萌寧。さらに1打差の3位に、青木瀬令奈と山下 美夢有みゆう が並んだ。

 西郷は、4人が10アンダーで並んでいた16番パー5でバンカーからの3打目を直接カップインさせてイーグルを奪い、混戦を抜け出した。ツアー4勝目を挙げた後、不調に陥り、2戦連続で予選落ちしていたが、師匠の尾崎将司の助言などでスイングのテイクバックを見直し、復調した。

 西郷は「最後まで自分を信じてプレーできたのが勝因。あきらめずにプレーして良かった」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3020704 0 ゴルフ 2022/05/22 14:17:00 2022/05/22 16:16:02 2022/05/22 16:16:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)