[高校総体2019]戸上 競り勝ち連覇…卓球

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

卓球男子シングルスで優勝した野田学園の戸上隼輔
卓球男子シングルスで優勝した野田学園の戸上隼輔

 最終ゲームにもつれ込んだ男子シングルス決勝は、多彩なサーブで優位に立った戸上が篠塚大登(愛知・愛工大名電1年)に競り勝ち、連覇を果たした。ダブルスを制し、3冠を狙っていたものの、前日の団体戦ではシングルスで2―0から逆転負け。エースとして優勝を逃した責任を感じていただけに、「今日はみんなに喜んでもらいたかった。ホッとしている」とうれし涙を流した。

無断転載禁止
753171 0 高校総体 2019/08/21 05:00:00 2019/08/21 05:00:00 2019/08/21 05:00:00 男子シングルスで優した野田学園の戸上隼輔(8月20日、鹿児島アリーナで)=板山康成撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190820-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ