「前向きに」「人生これから」…インターハイ中止にトップ選手が応援メッセージ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今夏の全国高校総体(インターハイ=読売新聞社共催)が史上初の中止となったことを受け、高校生たちを励まそうと、トップアスリートからのメッセージが続いた。

 大相撲の新大関、朝乃山は27日、報道陣の電話取材に「気持ちが切れたらそこで終わり。プラス思考で前に前に進んでほしい」と話した。富山商高では総体で目立った成績は残せなかったが進学先の近大で活躍。「不完全燃焼なら大学に進んで自分のやることをやってほしい」と応援した。

 柔道全日本男子の井上康生監督はブログで「皆さんの人生はこれからです。この悔しい経験も、また皆さんがこれまで築き上げてきた努力も間違いなく次なるステージでかされると思いますし、活かすべきです」とつづった。井上監督は、主将を務めた神奈川・東海大相模高3年の時に総体の県大会で敗れた。その経験が「柔道家としても一人間としても成長させてくれたように思います」と振り返っている。

 陸上男子短距離の桐生祥秀(日本生命)はツイッターに「その時その時思い切り走って練習したからこそ、今の自分がある。自分に今できることはみんなの目標になること。お互い前向きに行きましょう」と投稿。日本フェンシング協会の太田雄貴会長もツイッターで「インターハイを目指した高校3年生向けに何かやりたいな。次に向けた行動の背中を押したい。企画考えるので、皆さんも何かアイデアあれば!」と呼びかけた。

無断転載禁止
1190249 0 高校総体 2020/04/27 21:46:00 2020/04/27 21:46:00 2020/04/27 21:46:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ