体操・塚原さんがエール授業、「怖がりは悪くない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

体操のポーズをしてみせる塚原さん(明日へのエールプロジェクト提供)
体操のポーズをしてみせる塚原さん(明日へのエールプロジェクト提供)

 夏の全国高校総体(インターハイ=読売新聞社共催)の中止を受け、アスリートらが部活動に励む高校生たちを応援する「明日へのエールプロジェクト」で2日、2004年アテネ五輪体操男子団体金メダリストの塚原直也さんが「オンラインエール授業」の講師を務めた。

 塚原さんは大会中止について「起きたことは仕方ない。次の試合に向けて爪を研ぐことに集中を」とアドバイス。「新しい技に挑戦するのが怖い」という体操部員には「怖がりは悪いことじゃない。慎重に物事を進めていくのは必要な力。徐々に挑戦して」と励ました。

無断転載・複製を禁じます
1315881 0 高校総体 2020/07/02 19:37:00 2020/07/02 20:20:36 2020/07/02 20:20:36 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200702-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ