読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

2年ぶりインターハイ、全競技の先頭を切ってバスケ男子の開会式…近大付属は出場辞退

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北信越5県などが舞台の全国高校総体(インターハイ)は24日、全競技の先頭を切ってバスケットボール男子の開会式が新潟県長岡市で行われた。大会は、新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催となる。全競技が無観客で、感染拡大防止に配慮し、選手と学校関係者、大会関係者など最小限の参加者で実施される。総合開会式は8月13日に行われる。

 一方、バスケ男子に出場予定だった近畿大学付属高(大阪)は24日、部員1人が新型コロナに感染したため出場を辞退すると発表した。濃厚接触者とされた部員はおらず、PCR検査で他の全部員が陰性だったという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2231349 0 高校総体 2021/07/24 18:14:00 2021/07/24 22:26:20 2021/07/24 22:26:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)