高校総体スケート・アイスホッケー、青森で開幕…今年も無観客

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 冬季全国高校総体(インターハイ)の第71回全国高校スケート・アイスホッケー選手権大会(全国高体連など主催、読売新聞社共催)が17日、青森県で開幕した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年に引き続き、無観客で行われる。

国内で新たに3万5190人がコロナ感染…東京の直近1週間は、前週比8%減
開始式で宣誓する下村璃々選手(17日、青森県八戸市の「YSアリーナ八戸」で)=須藤菜々子撮影
開始式で宣誓する下村璃々選手(17日、青森県八戸市の「YSアリーナ八戸」で)=須藤菜々子撮影

 開会式も取りやめ、この日は競技ごとの開始式が実施された。同県八戸市で開かれたスピードスケートとアイスホッケーの開始式で、県立八戸西高3年、下村 璃々りり 選手は「コロナ禍で思うような練習ができない日もあったが、開催に携わる人に感謝し、全力を尽くしたい」と宣誓した。

 競技は18日から21日まで行われ、36都道府県の約900人が熱戦を繰り広げる。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2681999 0 インターハイ 2022/01/18 00:25:00 2022/01/18 00:25:00 2022/01/18 00:25:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220118-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)