国士舘 初戦は明石商…センバツ組み合わせ

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

抽選番号を読み上げる桐蔭学園の森敬斗主将
抽選番号を読み上げる桐蔭学園の森敬斗主将

 第91回選抜高校野球大会(23日開幕、甲子園球場)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市の毎日新聞大阪本社で行われ、出場32校の組み合わせが決まった。

 昨秋の明治神宮大会で初優勝した札幌大谷(北海道)は第2日第3試合で、米子東(鳥取)と対戦する。好投手を擁する星稜(石川)と履正社(大阪)の顔合わせとなった第1日の第3試合は1回戦屈指の好カード。

 今大会は平成最後の選抜で、元年の61回大会で優勝している東邦(愛知)は第4日の第3試合で、春夏通じて甲子園大会初出場の富岡西(徳島)と戦う。国士舘(東京)は第5日第1試合で明石商(兵庫)と対戦。昨春の選抜準優勝の智弁和歌山(和歌山)は、1回戦最後のカードとなる第6日第1試合で初出場の熊本西(熊本)とぶつかる。

 開会式の選手宣誓は、広陵(広島)の秋山功太郎主将に決まった。

 ■桐蔭「いよいよ」

 昨秋の関東大会を制した桐蔭学園(神奈川)の相手は、初出場の啓新(福井)に決まった。継投が持ち味の相手に対し、片桐監督は「うちの打線はどこからでも好機を作れる」と自信を見せる。関東大会の初戦で満塁本塁打を放つなど長打力で打線を引っ張る主将の森は「いよいよ始まるという実感が強まってきた。甘い球を逃さず、厳しい球も打ちたい」と意気込んだ。

490794 1 ニュース 2019/03/15 15:00:00 2019/03/15 15:33:38 2019/03/15 15:33:38 抽選結果を読み上げる桐蔭学園の森敬斗主将(15日午前9時16分、大阪市北区で)=宇那木健一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190315-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ