打者3人、投球「2」で3アウト…高校野球予選

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道帯広市で25日に行われた高校野球選手権北北海道大会の十勝支部予選、帯広緑陽―帯広工で、イニング開始から打者3人に対する投球数「2」でチェンジとなる珍事があった。

 帯広緑陽の三回の攻撃で、先頭打者が初球を振った際、捕手のミットにバットが当たり、打撃妨害で出塁した。打撃妨害は記録上、球数に含まれない。2人目の打者は初球を打って一塁ライナー。一塁走者がベースに戻れず併殺となり、3人目の打者も初球でショートフライに倒れた。

 公式記録をつけた北海道高校野球連盟十勝支部の関係者も、「聞いたことがない。初めてではないか」と驚いていた。

無断転載禁止
657233 0 高校野球 2019/06/25 21:55:00 2019/06/26 09:27:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ