星稜・奥川がプロ志望表明「次のステージに挑戦」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した星稜(石川)の奥川恭伸投手が29日、プロ志望を表明した。茨城国体で智弁和歌山(和歌山)に敗れた後に取材に応じ、「次のステージに挑戦することを決めた。バランスの良い投手になりたい」と述べた。

 石川県高野連によると、プロ志望届をすでに受け取っているという。奥川は2年春から4季連続で甲子園に出場。今夏は150キロ超の速球とスライダーを武器に決勝まで進出し、U―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場した。

無断転載禁止
819177 0 高校野球 2019/09/29 21:09:00 2019/09/29 21:09:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ