読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[あれから]<5>伝説の「軟式甲子園」―2014年8月 延長50回 709球完封

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

松井大河さん(24)

 読者の皆さんは、6年前の夏の、あの球史に残る一戦をご存じだろうか。高校野球ではあるが、甲子園ではない。兵庫県の「明石トーカロ球場」で行われた軟式野球の全国高校選手権・準決勝である。

4日分をつなげたスコアボードと50回を投げ抜いて勝利した瞬間、ガッツポーズする松井さん
4日分をつなげたスコアボードと50回を投げ抜いて勝利した瞬間、ガッツポーズする松井さん

 2014年8月31日、「もう一つの甲子園」と呼ばれるこの大会のマウンドで、中京高(岐阜)のエース・松井大河さん(24)=当時18歳=は「ふっ」と息を吐いた。延長50回裏。嘘みたいな展開だが、1人で投げ抜いてきた。

 外角低めに速球を投げ込む。これで709球目。相手の崇徳高(広島)打者のバットが空を切った。35個目の三振で、4日間の死闘は終わった。

 この一戦は、後に高校野球のルールの見直しにつながった。松井さんは思う。「あの試合はつらく長い時間だった。でも、濃密な時間だった」
(社会部 蛭川裕太)

4日目 均衡は破れた…愚直に全力投球 周りが応えてくれる

 相手の練習を一目見て、中京高(岐阜)3年のエース・松井大河さん(24)=当時18歳=は思った。「チャラついてるな」

相手チームは チャラい長髪 負けるはずない

 2014年8月28日、軟式野球の全国高校選手権の準決勝。自分たちは全員丸刈りなのに、相手の崇徳高(広島)は皆、髪を伸ばしているのがまず気に入らない。それに和気あいあいと、笑ってキャッチボールをしていた。

 それまで6度の全国優勝を誇った中京高にとって、崇徳高は軟式ではほぼ無名の存在。「自分たちの野球ができれば負けるはずがない」。松井さんには自信があった。

 が、試合が始まった途端、相手の印象は大きく変わった。細身の崇徳高・石岡樹輝弥じゅきや投手が繰り出す球は、伸びもキレもある。

 「これは投げ合いになる」。松井さんは覚悟した。

一緒に日本一へ 監督に導かれ選んだ軟式の道

 岐阜県多治見市で育った松井さんは、幼稚園の頃から野球一筋。中学で125キロを投げ、県の選抜メンバーに選ばれた。「高校では甲子園を目指そうかな」と考えていた。

 そんな時、中京高の平中亮太監督(39)が中学校を訪ねてきて言った。「軟式で、一緒に日本一を目指さないか?」

 全国の高校が一斉に甲子園という大舞台を目指す硬式野球では、日本一どころか県大会を突破できるかどうかも分からない。でも軟式なら……。父親同席のもとで話を聞いた松井さん。心がぐらっと揺れた時、監督は持参した背番号「1」のゼッケンを差し出した。黒い油性ペンで、自筆のメッセージが書き込まれていた。

 「松井君へ 君と一緒に再び日本一を勝ち取りたい 中途半端で終わってほしくない」

 ダメ押しの一手だった。中京高で日本一になる。松井さんの目標は定まった。

 監督がエースにこだわったのにはわけがある。軟式は硬式に比べ「点が入りにくい」という特徴がある。ゴム製で中が空洞の軟式球は、硬式球とは違って打球は遠くに飛ばない。バントや盗塁、「たたき」と呼ばれるたたきつけるバッティングで1点をもぎ取る戦いになる。

 1点の重みが圧倒的に大きい軟式野球。堅い守備に加え、ピンチでも動じない、絶対的なエースが必要だった。「松井には、ランナーを抱えても際どいコースを攻める気持ちの強さがあった」。平中監督は振り返る。

平日は営業マンとして奮闘する松井さん(8日、愛知県豊田市で)=蛭川裕太撮影
平日は営業マンとして奮闘する松井さん(8日、愛知県豊田市で)=蛭川裕太撮影

 崇徳高との準決勝は、緊迫の投手戦となった。初日は延長15回で0―0。2日目は延長16回からスタートした。

 当時、硬式野球は延長15回で引き分け再試合だが、軟式は違う。「継続試合(サスペンデッド制)」が採用されていた。再試合ではなく、前日からの試合の続き。先攻の中京高は毎回、「サヨナラ負け」のプレッシャーを背負う。

 延長17回裏。攻める崇徳高はバントや盗塁で一死二、三塁。1点入れば終わりだ。

 「あれをやるなら、今しかない」。守る中京高の西山裕基捕手(24)=当時18歳=は、ベンチの平中監督を見た。思った通り、監督から「あれ」のサインが出た。

残り:2413文字/全文:4298文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1352800 0 高校野球 2020/07/20 05:00:00 2021/03/24 12:11:07 平日は営業マンとして奮闘する松井さん(8日午後5時7分、愛知県豊田市で)=蛭川裕太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200719-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)