在校生が感染、独自大会を辞退した強豪校同士が引退試合「本気の勝負したい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 在校生が新型コロナウイルスに感染し、いずれも県の独自大会出場を辞退した愛知県の東邦と岐阜県立岐阜商(岐阜市)の両強豪校が、3年生の引退試合を27日にパロマ瑞穂野球場(名古屋市)で行うことになった。県岐阜商の鍛治舍巧監督(69)の呼びかけを、東邦側が快諾した。

 県岐阜商は、7月15日から教員や生徒らの感染が相次ぎ、クラスター(感染集団)が発生。同月29日まで休校となり、硬式野球部は独自大会の初戦を前に、出場を取りやめた。東邦も同月26日に生徒の感染が判明して、独自大会を4回戦で辞退していた。

 鍛治舍監督は「中途半端な形で高校野球を終わらせたくなかった。3年生の最後の一試合がどういう試合になるか、楽しみにしている」と話した。東邦の森田泰弘総監督(61)は「選手たちも不完全燃焼だった。全国トップクラスの県岐阜商と試合ができて、3年生はいい思い出になると思う。本気の勝負をしたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1409755 0 高校野球 2020/08/14 11:53:00 2020/08/14 12:19:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ