プロ志望の球児77人、スカウトらにアピール…甲子園で「合同練習会」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

おかやま山陽の漁府
おかやま山陽の漁府
練習を視察するスカウトら
練習を視察するスカウトら

 高校3年の野球部員が参加する「プロ志望高校生合同練習会」が29日、甲子園球場で始まった。春夏の甲子園大会が新型コロナウイルスの影響で中止となるなど、スカウトらの前でプレーする機会の少なかった選手のアピールの場として、日本野球機構と日本高校野球連盟が初めて開催した。

 初日は、西日本からプロ志望届を提出した77人が参加。プロのスカウトや大学関係者ら約100人がバックネット裏で見守った。

 フリー打撃ではプロを意識して木製バットを使用する選手もおり、左翼席に放り込んだ漁府輝羽ぎょふこうは(岡山・おかやま山陽)は「自信につながった」とコメント。シートノックでは、中山礼都らいと(愛知・中京大中京)、土田龍空りゅうく(滋賀・近江)ら遊撃手に注目が集まった。投球練習は非公開の室内だったが、山下舜平大しゅんぺいた(福岡・福岡大大濠)がグラウンドで遠投を行うとスカウトらが熱い視線を送った。

 初の合同練習会について、西武の渡辺久信ゼネラルマネジャーは「リストアップしている選手を(一堂に)見られる場に感謝したい」と話した。甲子園は30日までで、9月5、6日には東日本の高校生を対象に東京ドームで開かれる。今年のドラフト会議は10月26日に行われる。

無断転載・複製を禁じます
1441724 0 高校野球 2020/08/30 01:07:00 2020/08/30 01:07:00 おかやま山陽の漁府輝羽(29日午後1時29分、兵庫県西宮市の甲子園球場で)=吉野拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200830-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ