読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

イチローさん「きちっと握って投げる、今はそれでいい」…千葉明徳高で指導

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

千葉明徳高の指導に訪れ、走塁の指導をするイチローさん(代表撮影)
千葉明徳高の指導に訪れ、走塁の指導をするイチローさん(代表撮影)

 米大リーグ・マリナーズの球団特別補佐兼インストラクターを務めるイチローさん(48)が3日、千葉市の千葉明徳高で野球部員を指導した。

千葉明徳高を訪れ、遠投の指導をするイチローさん(代表撮影)
千葉明徳高を訪れ、遠投の指導をするイチローさん(代表撮影)

 昨年、同高の理事長から「チームとして夏の大会ベスト8の壁を越えたい」というメッセージを受け取り、訪問が実現した。イチローさんは白いTシャツ姿でグラウンドに姿を見せ、練習に参加。盗塁や捕球体勢のこつなどを実演しながら指導した。「送球がすっぽ抜ける」と相談してきた部員には、「時間をかけていいから、きちっと握って投げる。今はそれでいい」などとアドバイスを送っていた。

 イチローさんは昨年2月、プロ経験者が高校などの指導者になるための学生野球資格を回復。昨年12月には和歌山・智弁和歌山高で、今年11月には東京・国学院久我山高で指導した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2568249 0 高校野球 2021/12/03 19:32:00 2021/12/03 19:32:00  千葉明徳高を訪れ、遠投の指導をするイチローさん=2021年12月3日午後、千葉市(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211203-OYT1I50103-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)