栗山英樹さんの提案で…人口1万1300人、女子野球部で「まちおこし」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人口約1万1300人の北海道栗山町にある栗山高校で、女子野球部を作ってまちおこしにつなげるプロジェクトが進行している。生徒数の低迷に悩む中、同校は今春発足させる同好会の監督に女子野球の元日本代表を迎えることを決めた。高校女子硬式野球部が正式に誕生すれば道内で3校目、公立高では初めてとなる。

【#野球しよう・彼女たちと白球】初の甲子園出場校 元コーチの男性…女子野球 夢のつづきを 消防士辞め進学、明治大に同好会結成

W杯V5に貢献

就任会見で笑顔を見せる金さん(左から2人目)ら(昨年12月、栗山町役場で)
就任会見で笑顔を見せる金さん(左から2人目)ら(昨年12月、栗山町役場で)

 「栗山は野球に熱意がこもったまち。栗山高校を日本一のチームにしたい」

 町役場で昨年12月下旬に開かれた記者会見。新年度に同好会として第一歩を踏み出すチームの監督に内定した こん 由起子さん(44)は、明るい表情を見せた。

 金さんは天塩町出身。2008年に女子野球ワールドカップ(W杯)に内野手として出場し、初優勝を果たした。W杯は6大会に出場し、主力として5連覇に貢献するなど日本の女子野球界を引っ張ってきた。

 同席した栗山町の佐々木学町長は「町民一丸となって支えていきたい」とエールを送った。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2647693 0 高校野球 2022/01/04 10:40:00 2022/01/19 13:45:29 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220104-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)