甲子園球児憧れの「タオル屋さん」、愛される理由は…緻密すぎる社長のイラスト

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

タオルを作り続ける岡本さん。店内にも今まで作ったタオルがずらりとかけられる(写真は全て岡本さん提供)
タオルを作り続ける岡本さん。店内にも今まで作ったタオルがずらりとかけられる(写真は全て岡本さん提供)

 高校球児にとって夢の舞台である甲子園。その土を踏むことができた球児“御用達”の「タオル屋」さんが岐阜市にある。オリジナルタオル専門店「 糸秀(いとひで) 」。名前や学校名、背番号をあしらったイラスト付きのオーダーメイドタオルはSNSなどを通じて、全国の球児に広まり、31日に決勝が予定される第94回選抜高校野球に出場した選手からもすでにたくさんの注文が寄せられている。(デジタル編集部 古和康行)

 「ここ10年以上、ずっと野球のタオルを作っています。えらい(方言で「疲れる」の意味)です」

糸秀の店構え。店舗にはずらりとタオルが並ぶ
糸秀の店構え。店舗にはずらりとタオルが並ぶ

 3月28日、忙しい作業の合間にオンライン取材に応じてくれた「糸秀」の3代目社長、岡本光治さん(53)は少し照れくさそうに笑った。パソコン画面の向こうに見える店内には、これまでに作った選手のオリジナルタオルがずらりと掛けられている。それぞれが選手本人や関係者にとって、「一生の記念」になると思えば、こんなに誇らしいことはない。

 全国の高校球児にとって、いまや糸秀は特別な存在だ。例年、春夏の甲子園のシーズンには、70~100人から注文があり、今大会でもすでに出場32校のうち、16校30人ほどから注文が入った。いつも通りだと、大会が終わった後に注文が殺到するので、その頃には「出来上がりまで2、3か月待ち」という状況になる。「春に注文を頂いた方には、夏の大会までには何とか間に合わせたいんですけれど……」と岡本社長。

デッサンする岡本社長。鉛筆で描く
デッサンする岡本社長。鉛筆で描く

 もともとはタオルやTシャツなどの卸販売業者だった糸秀が、オリジナルタオルの製作をはじめたのは、15年ほど前のことだ。高校球児の保護者からリクエストがあり、校章や名前とともに簡単なイラストを入れたタオルを作ると、これが評判になった。最初は、じわじわと口コミで広がっていたが、甲子園常連校の選手が仲間や後輩に紹介したり、購入した選手がネットやSNSで写真付きで投稿したりするなどして拡散。いまや北は北海道、南は沖縄まで、全国の球児や保護者から注文が入るようになった。

 人気の秘密は岡本社長が描く 緻密(ちみつ) なイラストだ。まず、顧客のお気に入りの写真を岡本社長が鉛筆でデッサンし、イラストの配置や背景が異なる3、4パターンのデザインを提示する。その中から、好きなデザインを選んでもらったら、学校名、氏名、好きな言葉、背番号など、盛り込みたい情報を聞き、デザインの中に落とし込んでいく。

 一つ一つがオリジナルなので、繁忙期はタオル制作を朝7時から夜9時まで、土日や平日の夜も客とのデザイン打ち合わせという毎日。「選手にも負けないくらいスタミナがいる」(岡本社長)。イラストも以前は選手の輪郭を描く程度の簡単なものだったが、こだわりをもってやっているうちに、時間がかかる複雑なものにどんどん“エスカレート”していっている。

 それでも岡本社長が頑張ることができるのは、「選手のみなさんが頑張ってみえるから」。

高山選手のために作られたタオル。「人生ギャンブル」の文字も
高山選手のために作られたタオル。「人生ギャンブル」の文字も

 今大会でも、大会開幕前にタオルを届けることのできた浦和学院の高山維月選手が、初戦から大会第1号を放つなどチームを勝利に導く大活躍をした。テレビ越しに見たその雄姿に胸が震え、高山選手の保護者に「おめでとうございます」とメールを送ると、「タオル効果です!」と返事が返ってきた。タオルを作った選手が活躍するのは毎大会、1人や2人ではない。単純だけど、それがうれしく、誇らしい。

 最近では、野球の他にもラグビーやソフトボールの選手からも依頼が舞い込むようになっているという。「お客さんからの言葉が栄養ドリンクです。えらいけれどアドレナリンが出て頑張れる。でも、仕事ってそういうものじゃないですか」と岡本社長は笑った。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2879563 0 春の甲子園 2022 2022/03/30 15:14:00 2022/03/30 15:23:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220330-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)