広陵・河野、八戸学院光星を3安打完封

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

5回広陵1死3塁、藤井が先制適時打を放つ(投手・後藤)=横山就平撮影
5回広陵1死3塁、藤井が先制適時打を放つ(投手・後藤)=横山就平撮影

 広陵2―0八戸学院光星(1回戦=26日)――広陵(広島)は二回、無死満塁の好機を作るが後続が倒れて無得点。三、四回は併殺で走者を進められなかったが、五回に藤井、中冨の適時打で2点を先行した。

 河野は力のある直球中心の投球で八戸学院光星(青森)打線を散発3安打に抑え、完封した。

無断転載禁止
507764 0 ニュース 2019/03/26 14:05:00 2019/03/26 14:55:38 2019/03/26 14:55:38 5回広陵1死3塁、藤井が先制適時打を放つ(投手・後藤)(26日、甲子園球場で)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190326-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ