新型コロナ センバツ 結論先送り…開会式中止・練習試合自粛を

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

選抜高校野球の無観客での開催を目指す方針を表明する日本高野連の八田英二会長(右)(4日午後、大阪市で)
選抜高校野球の無観客での開催を目指す方針を表明する日本高野連の八田英二会長(右)(4日午後、大阪市で)

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、第92回選抜高校野球大会(19日開幕、甲子園球場)は、開催されても初の無観客大会となることになった。日本高校野球連盟の八田英二会長は4日、大阪市内で開いた記者会見で、中止を含めた最終判断を11日に持ち越したことに理解を求めた。

 八田会長は「日々、状況が変わる中で議論を重ねた。今、決断するのではなく、11日まで(の状況)を勘案して判断したい」と説明。応援団などの手配が必要な出場校に配慮して「無観客」の方針を示した上で、政府が2月26日に大規模イベントの2週間の自粛を要請したことを受け、11日を結論の期日とした。今春予定されている高校スポーツの全国大会が相次いで中止となる中、「今のところ、専門家の意見を聞いて中止(という判断)にはならなかった」と説明した。

 大会延期の選択肢については、甲子園球場がプロ野球で使用されることや、大会が主に春休みに実施されることから、大会会長の丸山昌宏・毎日新聞社社長は「現実的に難しい」と話した。規模縮小についても、「やるからには無観客でも本来の大会に近い形を探った」と語った。

 無観客となる場合は、19日の開会式に加え、15、16日の甲子園練習なども中止する方針。出場校には、感染リスクの軽減と練習機会の公平性を確保するため、15日までは自校での練習に限定し、練習試合や遠征合宿は自粛を求めた。

 会見ではまた、日本野球機構(NPB)とサッカーJリーグが設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」にも日本高野連として出席し、判断に生かす考えを示した。高野連は、出場校へのマスクや消毒液の配備、宿泊施設や移動のバスでの感染予防などについて感染症の専門家らの指導を受けて対策を立てる。

【解説】夢と予防 どう両立

 球児を感染の危険から守るだけではない。球児が感染源となって全国の感染拡大に拍車をかけることも防がなくてはならない。球児の夢と感染予防をどう両立させるのか。

 選手や観客の健康に配慮し、ラグビーや柔道など高校の他競技は全国大会の中止を相次いで決めた。日本高野連の八田会長は甲子園のグラウンドに立ちたいという、「球児の夢の実現に力を尽くしたい」と語ったが、なぜ高校野球は特別なのかという批判もある。

 阪神大震災や東日本大震災直後の大会開催には「試合をする球児の姿が被災地の励みになる」という声があった。だが、今大会は宿舎での集団生活や移動などの際にも感染の危険がつきまとう。

 11日の状況次第で中止もあり得るとしている日本高野連にとっては、難しい判断になる。(苅谷俊岐)

<選抜開催のポイント>

▽無観客を前提に準備し、11日に再度判断する。

▽開催中止も視野に入れる。

▽組み合わせ抽選は主催者が代理で実施する。

▽開会式と甲子園練習は中止する。

▽応援団や家族の応援も遠慮してもらう。

無断転載・複製を禁じます
1087868 0 高校野球 2020/03/05 05:00:00 2020/07/20 13:26:14 選抜高校野球の開催の可否について記者会見する(右から)高野連の八田英二会長、丸山昌宏・毎日新聞社代表取締役社長、斉藤善也・毎日新聞大阪本社代表(4日午後6時16分、大阪市西区で)=里見研撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200305-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ