読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

昨夏優勝の履正社・関本前主将、甲子園で優勝旗返還「来年は開催を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

優勝旗を返還する履正社の関本勇輔・前主将(中央)(19日午後、兵庫県西宮市で)=川崎公太撮影
優勝旗を返還する履正社の関本勇輔・前主将(中央)(19日午後、兵庫県西宮市で)=川崎公太撮影

 昨夏の全国高校野球選手権を制した履正社(大阪)による優勝旗返還式が19日、甲子園球場で行われた。

 履正社は昨夏、決勝で星稜(石川)を破り初優勝を飾った。今夏の大会は新型コロナウイルスの影響で中止され、優勝旗は返還されなかったため、日本高校野球連盟などが企画。感染防止のため約30分と短時間で行われた。

 8月の甲子園交流試合を戦った選手20人が、プラカードを持った市立西宮(兵庫)の生徒の先導を受け、右翼から内野まで行進。関本勇輔・前主将が優勝旗を返還し、「先輩から受け継いだ優勝旗を甲子園球場で返せてうれしい。来年は大会が開催されることを願っている」とあいさつした。

 大型スクリーンでは昨年大会のダイジェスト映像が流され、公募された一般客約620人が見守った。

無断転載・複製を禁じます
1489652 0 2020/09/19 21:14:00 2021/01/25 15:59:11 ガラガラのスタンドを背に、優勝旗返還に向かう履正社の関本勇輔・前チーム主将(中央)(19日午後3時16分、阪神甲子園球場で)=川崎公太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200919-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)