昨夏の北北海道代表校、支部予選で敗退…エース「思ったコースに投げられたが」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

夏の地方大会組み合わせ一覧【随時更新】

 第104回全国高校野球選手権南・北北海道大会の支部予選は2日、3支部で7代表が決まった。釧根では釧路明輝が釧路工との延長戦をタイブレイクの末、制した。室蘭では苫小牧中央、駒大苫小牧の強豪が順当に南大会に進出。昨夏の甲子園に出場した十勝の帯広農は敗退した。

大阪桐蔭、序盤3失点するが焦らず…7回一気に畳みかけ春夏70勝
延長タイブレイクで勝利し、喜びを爆発させる釧路明輝ナイン(2日、ウインドヒルひがし北海道スタジアムで)
延長タイブレイクで勝利し、喜びを爆発させる釧路明輝ナイン(2日、ウインドヒルひがし北海道スタジアムで)

エース松尾投打で活躍…釧路明輝

釧路明輝10-9釧路工

 最後の打者を釧路明輝の松尾颯馬投手(3年)が併殺に打ち取ると、バッテリーを組む塩崎辰樹主将(3年)らが駆け寄り、喜びを爆発させた。延長十三回の激戦。塩崎主将は、「勝った瞬間は頭の中が真っ白で、よく覚えていない」と興奮していた。

 九回に相手投手の乱調に乗じ、押し出しの四死球で追いついた。その後は両チームとも譲らず、無死一、二塁から始めるタイブレイクに突入した。ここで、ひとりで投げ続けていた松尾投手の適時打などで3点を奪取。裏の反撃を2点でくい止め、春の支部予選の雪辱を果たした。

 投打に活躍したエースの姿に「弱気な姿勢を一切見せず、チームを引っ張ってくれた」と関谷健一郎監督。松尾投手も「今日の投球はチームが勝てたので100点。北大会は、チームの良さの、ノリや明るさを前面に出して戦いたい」と力強く語った。

七回に意地見せるも…

帯広農5―10帯広大谷

 北代表として昨夏の甲子園に出場した帯広農が、支部予選で敗退した。初回に1点を先取したが、投手陣が崩れた。先発した左腕の東村耕生投手(2年)が打ち込まれ、代わったエースの佐藤大海投手(3年)も相手の勢いを止められず、二回までに8点を失った。

 それでも昨年の覇者は、最後まで意地を見せた。佐藤投手は立ち直り、打線もコールド負けの危機にあった七回に4点を奪うなど最後まで勝利への執念を見せた。

 「左打者が優れた帯広大谷攻略には、東村が良いと考えたが、相手が一枚上手だった」と西川雄太郎監督。「思ったコースに投げられたが、実力で負けた」と佐藤投手も潔かった。

高校野球の最新ニュースはこちら
北海道の高校野球ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3135595 0 夏の甲子園 2022/07/03 10:21:00 2022/07/03 11:19:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50167-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)