女子で主将、甲子園入場行進の先導役に…三田西陵高・東尾さん「野球続けてよかった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 6日に開幕する全国高校野球選手権大会(甲子園球場)の開会式で、全国的にも珍しい女子の主将が入場行進の先導役を務める。兵庫県立三田西陵高野球部の東尾凛さん(17)(3年)。入部当初からコロナ禍に悩まされた今の3年生のうち、縁の下でチームを支えた部員らを代表して選ばれた。「周囲のおかげで野球をやり切ることができた」と感謝の思いを胸に、5日のリハーサルに臨んだ。

開会式のリハーサルで、入場行進の先導役を務める東尾凜さん(5日午前、兵庫県西宮市の甲子園球場で)=守屋由子撮影
開会式のリハーサルで、入場行進の先導役を務める東尾凜さん(5日午前、兵庫県西宮市の甲子園球場で)=守屋由子撮影

 兄の影響で小学2年で兵庫県三田市の少年野球クラブに入団。中学でも軟式野球部に所属した。三田西陵高ではマネジャー志望だったが、実力を知る他校の監督から、「すごい選手が入りましたね」と聞いた上野敏史監督(40)の誘いもあり、選手として入部した。

 日本高校野球連盟の規定では、女子選手の公式戦出場は認められていないが、練習試合では捕手としてプレー。遠投85メートルの強肩を武器に相手走者の二盗を封じ、打撃では3割以上の打率を誇った。物おじしない性格で発言力があり、昨夏、主将になった。

 入部してすぐに選手権大会が中止になるなど、コロナ禍に 翻弄ほんろう されてきたが、主将となった直後にも、緊急事態宣言で1か月練習ができなかった。それでも、「このメンバーで勝ちたいやん。練習から元気を出していこう」と仲間を鼓舞。全体練習が制限された時には「自分ができることをやっておくように」と声をかけ、自身も自主練習を続けた。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3231405 0 夏の甲子園 2022/08/05 12:49:00 2022/08/05 13:48:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/08/20220805-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)