球数100球を目安、春の県大会制限導入…新潟

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新潟県高校野球連盟が来年春の県大会に限り、投手の球数制限を導入すると22日、発表した。同連盟によると、高校野球で球数制限を導入するのは全国初という。新潟市で同日開かれた野球指導者向けの研修会で、同連盟が明らかにした。

 球数は1人100球を目安とし、100球に達したイニングまでの登板とする。登板間隔などについては制限しない。同連盟は「制限を設けることで、投手の故障を予防し、(エース以外の)複数投手を育成したい」と狙いを説明している。

無断転載禁止
55575 0 ニュース 2018/12/22 21:01:00 2018/12/22 21:01:00 2018/12/22 21:01:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ