選抜出場32校決まる…大阪桐蔭は近畿地区補欠

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間、甲子園球場)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、昨秋の明治神宮大会で初優勝した札幌大谷(北海道)、昨春の選抜準優勝の智弁和歌山(和歌山)、昨秋の九州大会優勝の筑陽学園(福岡)など一般選考29校と21世紀枠3校が決まった。選抜3連覇と春夏春の3季連続優勝がかかっていた大阪桐蔭(大阪)は選ばれず、近畿地区の補欠校に回った。

 21世紀枠は石岡一(茨城)、富岡西(徳島)、熊本西(熊本)の3校でいずれも初出場。札幌大谷も含め初出場は8校となった。最多出場は龍谷大平安(京都)の41度。組み合わせ抽選会は3月15日に行われる。

無断転載禁止
402367 0 ニュース 2019/01/25 18:47:00 2019/01/25 18:47:00 2019/01/25 18:47:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ