熱中症対策、アルプス席の通路にエアコン増設 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第101回全国高校野球選手権大会(8月6日開幕)の運営委員会は17日、応援団や観客の熱中症対策を発表した。甲子園球場のアルプス席と外野席の場内通路に計28台のエアコンを増設し、アルプス席の床面には遮熱塗装を施した。大会中は応援団用の休憩所を開設し、アルプス席外周で待機する応援団のために日よけ用テントを設置。昨夏の大会で実施した選手の給水タイムは継続する。

無断転載禁止
541212 0 ニュース 2019/04/17 19:04:00 2019/04/18 00:27:55 2019/04/18 00:27:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ