読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[第101回全国高校野球 地方大会]49代表出そろう

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 (30日)――2大会で決勝が行われ、徳島は鳴門が2年連続で代表となり、愛媛は宇和島東が9年ぶりの甲子園出場を決めた。49代表が出そろい、最多出場は仙台育英(宮城)の28度、初出場は飯山(長野)、ほまれ(愛知)、富島(宮崎)の3校。大会は8月3日に組み合わせ抽選が行われ、6日に開幕する。

 

エース160球完投

 ■徳島

 ▽決勝

鳴門 100201103―8

富岡西100000000―1

(鳴)西野―原田

(富)浮橋―粟田

 

 エース同士の対戦を鳴門の西野が制した。左腕からの変化球で富岡西打線を翻弄ほんろう。160球を投げ、11三振を奪い、1失点で完投した。八回無死一、二塁のピンチも動じず、相手の上位打線を3者三振に仕留めた。

 前日の準決勝で延長10回、153球を投げていたが「スタミナには自信がある。一人で投げるつもりだった」という。四回には勝ち越しの2点適時打も放ち、投打で活躍した。

 

鳴門(徳島)…2年連続13度目

 ◇1911年創部。2016年夏に8強入り。OBにソフトバンクの板東湧梧投手ら。県立。

 

終盤勝負強く

 ■愛媛

 ▽決勝

宇和島東011001211―7

松山聖陵200100000―3

(宇)船田―阿部

(松)平安山、高松―岸田

 

 宇和島東が勝負強い打撃で、春夏連続の甲子園出場を目指した松山聖陵を振り切った。

 先制され、追いついては勝ち越される展開だったが、1点を追う六回に、東海林しょうじの二塁打で同点にすると、七回二死満塁から、赤松の2点適時打でリードを奪った。今春就任したばかりの長滝監督は「甲子園でも挑戦者の気持ちで、目の前の試合に集中したい」と意気込んだ。

 

宇和島東(愛媛)…9年ぶり9度目

 ◇1901年創部。選抜は4度出場し、88年に初出場初優勝。OBに元米大リーガー岩村明憲さんら。県立。

無断転載・複製を禁じます
717085 0 2019/07/31 05:00:00 2021/02/23 18:06:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190730-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)