奥川7回無失点10奪三振、星稜が決勝進出

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 星稜9―0中京学院大中京(準決勝=20日)――星稜(石川)が24年ぶりの決勝進出を決めた。一回に内山の犠飛で先制し、二回には東海林の適時打で加点。三回は福本、山瀬の適時打などで4点を奪った。先発・奥川は7回2安打無失点、10奪三振の好投。中京学院大中京(岐阜)は継投でしのごうとしたが、星稜打線の勢いを止められなかった。

無断転載禁止
751813 0 ニュース 2019/08/20 15:13:00 2019/08/20 15:13:41 2019/08/20 15:13:41

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ