履正社が春夏通じ初V、選抜で敗れた星稜に雪辱

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3回履正社2死1、2塁、井上が逆転の3ランを放つ(投手・奥川、捕手・山瀬)(22日)=沼田光太郎撮影
3回履正社2死1、2塁、井上が逆転の3ランを放つ(投手・奥川、捕手・山瀬)(22日)=沼田光太郎撮影
3回、2者連続四球を与えマウンドで話す奥川投手と山瀬捕手(右)(22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で)=浦上太介撮影
3回、2者連続四球を与えマウンドで話す奥川投手と山瀬捕手(右)(22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で)=浦上太介撮影

 履正社5―3星稜(決勝=22日)――第101回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟など主催)の決勝が22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われ、履正社(大阪)が、北陸勢初の夏の甲子園制覇を目指した星稜(石川)を5―3で破って春夏通じて初優勝を果たし、令和初の王者となった。

 履正社は3―3で迎えた八回、2本の適時打で2点を勝ち越し、そのまま逃げ切った。星稜は七回、2点差を追いついたが、今大会屈指の右腕・奥川恭伸やすのぶ投手が力尽きた。

 履正社は今春の選抜高校野球大会1回戦で対戦し、0―3で敗れていた星稜に雪辱。大阪勢の優勝は、昨年の大阪桐蔭に続き14度目で、都道府県別の最多優勝回数を更新した。

無断転載禁止
756532 0 ニュース 2019/08/22 16:55:00 2019/08/23 05:17:49 2019/08/23 05:17:49 履正社-星稜 3回履正社2死1、2塁、井上が逆転の3ランを放つ(投手・奥川、捕手・山瀬)(22日)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190822-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ