センバツ「甲子園交流試合」…昨夏の決勝カード、履正社と星稜が対戦

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの影響で史上初の中止となった今春の選抜高校野球大会の代表32校が参加する「2020年甲子園高校野球交流試合」(8月10~12日、15~17日)の抽選会が8日、オンライン方式で行われた。32校が1試合ずつ行う計16試合の対戦カードが決まった。

 開幕試合では大分商(大分)と花咲徳栄(埼玉)が顔を合わせる。昨夏の全国選手権大会を制した履正社(大阪)は第4日第1試合で準優勝の星稜(石川)と対戦。17、18年の選抜を連覇した大阪桐蔭(大阪)は第6日第1試合で11年選抜の覇者・東海大相模(神奈川)、18年の選抜8強・創成館(長崎)は第2日第2試合で21世紀枠で選ばれていた平田(島根)と、それぞれ戦う。

 抽選は、ウェブ会議システムを使って32校の主将をつないで実施。開会式は、開幕試合で対戦する2校が出席して行われる。

無断転載・複製を禁じます
1329335 0 高校野球 2020/07/08 17:41:00 2020/07/20 13:26:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200708-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ