甲子園出場の宮崎商高選手ら5人感染…18日に初戦、出場可否協議へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国高校野球選手権の大会本部は16日、宮崎商高(宮崎)で選手ら5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 また、選手1人が陽性と判定されていた東北学院高(宮城)について、選手ら計4人が濃厚接触者と判断されたと15日に発表。4人は、選手2人と練習を補助する部員1人、チームと大会本部との調整などを担う朝日新聞の記者1人で、4人ともこれまで2度のPCR検査では陰性だった。

 宮崎商高は18日に智弁和歌山高(和歌山)との初戦が予定され、1回戦を勝ち上がった東北学院高は20日に松商学園高(長野)との2回戦が組まれている。大会本部は両校の出場の可否を協議する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2287521 0 ニュース 2021/08/16 11:37:00 2021/08/16 12:09:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210816-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)