イチロー無安打、大谷は2度目のキャッチボール

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【テンピ(米アリゾナ州)=福井浩介】米大リーグは11日、各地でオープン戦が行われ、マリナーズのイチローはロイヤルズ戦に8番・左翼で先発出場し、四球、中飛で1打数無安打だった。

 エンゼルスの大谷は8日以来、右肘手術後2度目のキャッチボールを行った。最長は約12メートルで前回より5球多い65球を投げた。その後は屋内のティー打撃に取り組み、投打でリハビリの順調ぶりをうかがわせた。

484209 0 大リーグ 2019/03/12 13:15:00 2019/03/12 13:15:00 2019/03/12 13:15:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ