メッツ新監督にロハス氏…サイン盗み問題で辞任のベルトラン氏後任

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米大リーグのメッツは23日、アストロズが2017年にサインを盗んだ問題で辞任したベルトラン監督の後任に、ルイス・ロハス氏(38)が就任したと発表した。ドミニカ共和国出身のロハス氏にメジャーでのプレー経験はないが、2011年から18年までメッツ傘下のマイナーで指揮を執っていた。

(ニューヨーク 福井浩介)

無断転載禁止
1017472 0 大リーグ 2020/01/24 11:10:00 2020/01/24 14:14:31 2020/01/24 14:14:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ