大谷の投手復帰、エンゼルスGM「5月中旬の見通し」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【テンピ(米アリゾナ州)=佐野司】米大リーグ、エンゼルスのエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は11日、2季ぶりに投打の「二刀流」復活を目指す大谷の投手としてのメジャー復帰は5月中旬となる見通しを示した。

 開幕は指名打者で迎え、並行してマイナーで3~4度の登板を経た後にメジャーで登板するプラン。エプラー氏は、「メジャー復帰後は週1度の登板を期待している」と話した。また、マドン新監督は大谷について「スーパーユーティリティープレーヤーだ」と評し、具体的な起用方針については「慎重に、状態をチェックしながら考える」と説明した。

 大谷は2018年秋に受けた右肘靱帯じんたい再建手術のリハビリを昨年末までに終了。この日はバッテリー陣と共に球団施設に集合し、12日のキャンプインに備えた。

無断転載禁止
1048870 0 大リーグ 2020/02/12 11:01:00 2020/02/12 11:01:00 2020/02/12 11:01:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ