サイン盗み、アルトゥーベ「本当に後悔」…キャンプ入り前に謝罪会見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソルトレークシティー(米ユタ州)=佐野司】ビデオカメラを使ってサインを盗んだ問題で、米大リーグ機構(MLB)から厳罰処分を受けたアストロズは13日、キャンプインを前に謝罪の記者会見を開いた。米フロリダ州の球団施設でジム・クレイン・オーナー、ダスティ・ベーカー新監督、主力野手のアルトゥーベ、ブレグマンが対応。インターネット中継もされた席上で、アルトゥーベは「本当に後悔している」、ブレグマンは「自分たちがした選択を申し訳なく思う。野球ファンの信頼を取り戻したい」と神妙に話した。

無断転載禁止
1052673 0 大リーグ 2020/02/14 10:58:00 2020/02/14 10:58:00 2020/02/14 10:58:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ