大リーグ、30球団を3地区に再編して開幕検討…「6月下旬以降」米紙報道 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=福井浩介】開幕が遅れている米大リーグが、30球団を東・西・中の3地区各10球団に再編して開幕する案を検討していると28日、米紙USAトゥデー(電子版)が報じた。6月下旬か遅くても7月2日までに開幕する案だという。

 記事によると、最低100試合をこなし、各チームの本拠地で無観客試合を実施するが、それぞれの地区での対戦に限る。東にヤンキースとメッツ、西にエンゼルス、ドジャースなど、ア・ナ両リーグが混在する再編となる。

 またAP通信は、開幕には選手や放送関係者ら約3000人の検査が条件となるほか、プレーオフをドーム球場や温暖な地域で11月以降に開催する案も検討されていると伝えた。

無断転載禁止
1194270 0 大リーグ 2020/04/30 05:00:00 2020/04/30 09:49:55 2020/04/30 09:49:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ