エンゼルス大谷、投手復帰へ着実に調整…GM「強度上げている」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロサンゼルス=佐野司】米大リーグ、エンゼルスのエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は13日、右肘手術から2季ぶりの投手復帰を目指す大谷の調整状況について、球団を通じて「マウンドから投げる球数を徐々に増やし、強度を上げている」と明らかにした。当初の予定通り3月26日に開幕していた場合、大谷は5月中旬のメジャー復帰登板を目指していた。新型コロナウイルスによるキャンプ中断でリハビリのペースを落としていたが、早ければ7月とされる開幕に向け、着実に調整を進めている。

無断転載禁止
1219509 0 大リーグ 2020/05/14 10:27:00 2020/05/14 10:27:00 2020/05/14 10:27:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ