シャワー禁止やユニホームで球場入り、大リーグ選手会「過剰」と反対

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=福井浩介】米大リーグ選手会が、大リーグ機構(MLB)から提案されていた67ページの新型コロナウイルス感染防止策に修正を求める回答を提出したと21日、複数の米メディアが報じた。両者は12日から、7月上旬開幕に向けて協議を続けている。

 AP通信によると、選手会は「週に複数回」としているウイルス検査の頻度を上げるよう求めた。一方で、ユニホーム着用での球場入り、クラブハウス内の、近親者以外の招待禁止などは「過剰」と反対。陽性反応が出た際の対応や消毒の手順にも修正を求めた。

 焦点の一つとされる年俸の扱いについては、数日以内に機構から提案される見通しという。

無断転載禁止
1234937 0 大リーグ 2020/05/22 17:45:00 2020/05/22 17:45:00 2020/05/22 17:45:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ