通算270本塁打のジマーマン、感染懸念し今季の参加辞退「家族の状況検討」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=福井浩介】米大リーグのナショナルズは29日、ライアン・ジマーマン内野手(35)とジョー・ロス投手(27)が今季の参加を辞退したと発表した。新型コロナウイルス感染への懸念が理由で、球団は「決断を100%支持する」としている。

 通算270本塁打で、昨季のワールドシリーズ制覇にも貢献したジマーマンは、代理人事務所を通じ、「新生児を含む3人の子供、感染リスクの高い母など家族の状況を検討して決めた」と説明した。また、ダイヤモンドバックスは通算105勝右腕のマイク・リーク投手(32)が不参加を決めたと発表した。

無断転載禁止
1310854 0 大リーグ 2020/06/30 12:19:00 2020/06/30 12:19:00 2020/06/30 12:19:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ