抗議しようと審判に1・8メートル近づいたら退場…大リーグの感染防止規定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロサンゼルス=佐野司】米大リーグ機構(MLB)は29日、新型コロナウイルスの影響で中断していたキャンプを7月3日から再開することなどを含む今季の開催概要を発表した。

 選手は同1日に集合し、球団施設に入る前にウイルス検査を受診。同23、24日の開幕戦までに最大3試合のオープン戦が可能で、紅白戦には制限はない。60試合制のレギュラーシーズンは、同一リーグの同地区同士で40試合、交流戦を同地区のチームと20試合行う。

 感染防止の新規定も設けられ、身体的接触を防ぐため、抗議などのために審判や相手選手に6フィート(約1・8メートル)以内に近づいた場合は退場となる。試合前のメンバー表交換の代わりに、MLBが用意したモバイルアプリを使用。施設内でつばを吐くことは禁止される。

無断転載・複製を禁じます
1311516 0 大リーグ 2020/06/30 16:59:00 2020/06/30 17:55:01 2020/06/30 17:55:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ