直近1週間で選手20人感染、大リーグが中断の可能性…米報道

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【アナハイム(米カリフォルニア州)=佐野司】米大リーグ機構(MLB)のマンフレッド・コミッショナーが、選手会のクラーク専務理事にシーズンを中断する可能性を伝えたと7月31日、米スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。同23日の今季開幕後、マーリンズで新型コロナウイルスの集団感染が発生し、対戦したフィリーズでも感染が広がっている。報道は、リーグの感染予防策が機能しない場合、早ければ8月3日にも中断される懸念があると指摘している。

 MLBと選手会は7月31日、直近1週間のウイルス検査で選手20人、スタッフ9人が新たに陽性反応を示したと発表。陽性率は0・2%で、球団や選手名は明かしていない。

無断転載・複製を禁じます
1379633 0 大リーグ 2020/08/01 10:28:00 2020/08/01 13:00:45 2020/08/01 13:00:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ