ダルビッシュと前田、サイ・ヤング賞の最終候補に残る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロサンゼルス=佐野司】米大リーグの各賞候補者が2日発表され、両リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)最終候補3選手にカブスのダルビッシュ有、ツインズの前田健太がそれぞれ名を連ねた。受賞すれば日本人初の快挙。結果は全米野球記者協会会員の投票で決まり、11日(日本時間12日)に発表される。

 ナ・リーグはダルビッシュ、バウアー(レッズ)、デグローム(メッツ)の争い。ダルビッシュはリーグトップの8勝、同2位の防御率2・01、同4位の93奪三振の好成績だった。

 ア・リーグは前田のほか、ビーバー(インディアンス)、柳賢振(ブルージェイズ)が名を連ねた。前田は6勝1敗、防御率2・70。勝利数、防御率、奪三振でリーグ三冠に輝いたビーバーの受賞が有力視されている。

無断転載・複製を禁じます
1598936 0 大リーグ 2020/11/03 11:35:00 2020/11/03 12:17:44 2020/11/03 12:17:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ